腰痛症にいいストレッチは、筋肉をある程度柔らかくしてくれるような動作です。 腰痛症のひとつの原因として、腰周辺の筋肉が凝り固まってしまっている状態が挙げられます。 この状態の筋肉を急激に動かしたことで、ぎっくり腰といった急性的な腰痛症が発症してしまうのです。 また、普段から筋肉を伸ばして柔らかくしておくことで血液の循環も良くなり、腰の痛みを感じることが少なくなるでしょう。 具体的には、仰向けになった状態で片方の膝を立て、もう片方の膝を胸に抱えるストレッチで、腰の筋肉を伸ばすことができます。 他にも、仰向けの状態で片方の足を上げて曲げ、ゆっくりともう片方の足の方へ倒す動作のストレッチをすることで、腰の急激な捻りにも対応できるようになるはずです。 入浴後などは、身体が柔らかくなっていますので、比較的楽に身体を動かすことができるでしょう。 ただし、腰の痛みが強い場合には、反対に症状が悪化してしまう危険がありますから注意してくださいね。